口腔がんの取り分け一際クライアント数が多いとされるのが舌がんです。
舌に出来るがんで、口腔がんのおよそ6割を占めます。
舌の粘膜の扁平上皮細胞ががん化して発症します。
出来易いのは舌の実態(舌先部)で、舌の裏側に出来る場合もありますが、舌の上にできることは僅かとされます。
病状は、最初の段階では舌が赤くなる、あるいは白くなる、偽りがデコボコするなどが見られます。
びらんや潰瘍が生じることもあって、粘膜の下になんらかの群れを感じたら舌がんを発症している恐れがあります。
患部の形態によって、表在品種、外向品種、内向品種に分類されています。
また、舌がんはリンパ節への転移が早い段階で起き易いという持ち味があります。
病状に気が付いた時折既に顎部下リンパ節や内頸静脈リンパ節に転移しているケースが多いようです。
舌がんに罹患していることが判明した時点でおよそ30~40%は転移しているとされます。
発症の主な原因は、タバコと酒類です。
口腔がんの多くが虫歯や合わない入れ歯から触発されると考えられていますが、舌がんも同様で、舌の粘膜が挑発を受けると発症不安が高まります。
舌がんの医療は、進行度によって化学療法や放射線療法、オペレーションが行われます。
ただし、舌はミールや発音に使われる五臓であり、外科的オペレーションでの医療を選ばず、スタイルを温存できる方策を取るほうが多いようです。
医療後には舌の体系が損なわれるのをカバーする目的でリハビリテーションが行われます。
リハビリは先生や歯医者などが受け持ち、体系完治に努めます。末期がんを克服